Suicaチャージはクレジットカードがお得!おすすめ5選と登録方法をご紹介

Suicaは、通勤や通学で鉄道やバスを利用する人にとって非常に便利なカードです。Suicaのロゴが貼ってあるコンビニや自動販売機などでも利用でき、キャッシュレス決済の手段としても有効です。

便利で暮らしに役立つSuicaですが、現金でチャージしている人も多いのではないでしょうか。

しかしSuicaでのチャージは、ポイントがたまりやすいクレジットカードの利用が非常におすすめです。

そこで今回は、Suicaのクレジットカードに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • Suicaのチャージにおすすめのクレジットカード5選
  • オートチャージの設定方法
  • モバイルSuicaに登録したクレカ情報の変更方法

Suicaのチャージにクレジットカードを使いたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

Suicaチャージでおすすめのクレジットカード5選

Suicaのチャージには、JRE POINTも合わせて貯まるビューカードがおすすめです。ここではSuicaチャージにおすすめのクレジットカードを厳選して5枚紹介します。

ポイント還元率の高いクレジットカードを選べば、チャージした金額分のポイントも付くのでよりお得に活用できるでしょう。

JCB カード W

JCB CARD W

JCB カード Wのココがお得!
  • WEB限定・申し込み年齢18歳〜39歳までの若年層向け
  • ポイント還元率が1.0%と高水準
  • 海外旅行補償やショッピング保険が付帯

JCB カード Wは、WEB限定・申し込み年齢18歳〜39歳までの若年層向けのクレジットカードです。ポイント還元率が1.0%と高水準で、メインカードとしての使い勝手が非常に良いです。

 ポイント還元率が高いのでSuicaへのチャージでもポイントを効率よくためられます。

女性向けのJCB カード W plus Lでは、女性特有の疾病に対する保険に格安で加入できたり、女性のキレイを手助けしてくれるサービスへの特典が利用できたりします。

年会費無料にもかかわらず、海外旅行補償やショッピング保険も付帯しているので、持っておくと便利なカードです。
年会費(税込) 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
対応するチャージタイプ
オートチャージ 不可
審査可能年齢 18歳〜39歳
国際ブランド JCB
付帯保険 海外旅行、ショッピング

※出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードのココがお得!
  • SuicaにチャージするとJRE POINTが1.5%還元
  • ビックカメラでの買い物で10%ビックポイント還元
  • 通常の買い物でもJREポイントとビックポイントが両方たまる

ビックカメラを頻繁に利用するなら、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。Suicaにチャージすると、最大で1.5%がJRE POINTとして還元されます。

 ビックカメラでチャージしたSuicaで買い物をした場合には、10%のビックポイントが還元されます。

そのため、ビックカメラでの買い物ではSuicaにチャージした分とあわせて最大11.5%が還元される計算となり、非常にお得です。

また、通常の買い物では、ビックポイントとJRE POINTの両方のポイントが0.5%ずつたまる仕組みとなっています。そのため、ポイント還元率は実質1.0%です。

たまったビックポイントはSuicaにチャージできるので、無駄なく活用できます。
年会費(税込)
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:524円

※2年目以降は、年1回クレジットカード機能をご利用すれば、次年度の年会費が無料

ポイント還元率 0.5%〜
対応するチャージタイプ カード・モバイル
オートチャージ 可能
審査可能年齢 18歳以上
国際ブランド JCB・VISA
付帯保険 海外旅行・国内旅行

※出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/

JRE CARD(Suica付)

JRE CARD(Suica付)

JRE CARDのココがお得!
  • 駅ビルでの利用時にポイント還元率3.5%
  • たまったポイントはさまざまな商品と交換可能
  • ポイントの有効期限は自動延長

JRE CARDは、駅ビルにおける買い物に便利なクレジットカードです。駅ビルやJRE MALLでクレジットカード機能で買い物をすると、その場で110円につきJRE POINTが3ポイント貯められます。

 さらに翌月中に1,000円につき5JRE POINTが付与されるため、実質3.5%の還元率です。

たまったポイントはSuicaにチャージできるだけでなく、さまざまな商品や商品券などと交換が可能なので、無駄なく利用できるでしょう。

ポイントの有効期限は2年ですが、ポイントが貯まるたびに自動で延長されるので、メインカードにするならポイント失効の心配もほぼありません。

駅ビルで買い物をする習慣のある人には特におすすめです。
年会費(税込) 524円(初年度のみ無料)
ポイント還元率 0.5%〜
対応するチャージタイプ カード・モバイル
オートチャージ 可能
審査可能年齢 18歳以上
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB(定期券付きはVISAのみ)
付帯保険 海外旅行・国内旅行

※出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/jrecard.html

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードのココがお得!
  • ANAマイル・Suica機能・クレジットカード機能が1枚に
  • ポイントはマイルやSuicaに変換できる
  • 毎年のカード更新時に1,000マイル獲得できる

ANA VISA Suicaカードは、電車だけでなく飛行機もよく利用する人におすすめのクレジットカードです。

 ANAマイル・Suica機能・クレジットカード機能が1枚にまとめられているので、使い勝手が良いでしょう。

たまったポイントはマイルやSuicaに移行できるので、無駄なく利用できます。また、旅行傷害保険やショッピング保険も付帯しているので、安心して利用できるのもおすすめできる点です。

ANA VISA Suicaカードは年会費が2,200円(税込)かかりますが、毎年カードの更新が行われる度に1,000マイルを獲得できます。
年会費(税込) 2,200円(初年度のみ無料)
ポイント還元率 0.5%〜
対応するチャージタイプ カード・モバイル
オートチャージ 可能
審査可能年齢 18歳
国際ブランド VISA
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

※出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/anasuica/index.jsp

ビューSuicaカード

ビューSuicaカード

ビューSuicaカードのココがお得!
  • 定期券として利用可能
  • 紛失補償が付帯
  • 国内・海外旅行傷害保険付き

ビューSuicaカードは、定期券としても使えるクレジットカードです。万が一紛失してしまった時のために、紛失補償がついています。

 紛失補償は、定期券部分とSuicaにチャージしていた残額部分の両方を補償してくれます。

また、国内・海外旅行傷害保険付きで、国内は改札に入ってから出るまでを、海外は自動的に付帯されるので、よく旅行に出かける人も安心です。

家族カードも最大9枚まで発行可能なので(税込1枚524円)、効率よく家族でポイントをためたい場合にもおすすめです。
年会費(税込) 524円
ポイント還元率 0.5%〜
対応するチャージタイプ カード・モバイル
オートチャージ 可能
審査可能年齢 18歳以上
国際ブランド JCB・VISA・MasterCard
付帯保険 国内旅行、海外旅行

※出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

そもそもSuicaとは?

Suicaとはどんな機能?

SuicaはJR東日本が発行している電子マネーです。鉄道やバスなどの交通機関だけでなく、Suicaマークのあるコンビニや自動販売機などでも利用できるカードです。

Suicaには、カードタイプとスマートフォンアプリのモバイルSuicaの2種類があります。

 クレジットカードでSuicaにチャージすれば、クレジットカードのポイントとJRE POINTが獲得できるので、ポイントの二重取りが可能です。

なお、カードタイプにクレジットカードを使ってチャージできるのは、ビューカードのみとなっています。

ビューカードのクレジットカード以外を利用したい場合には、モバイルSuicaを利用しましょう。

クレジットカードでSuicaにチャージする5つの方法

クレジットカードでSuicaにチャージする方法

1.Suicaカードにクレジットカードからチャージする

Suicaのカードにチャージする場合は、券売機やJR東日本管轄駅にあるATM「VIEW ALTTE」で手続きします。始発から終電まで年中無休で利用でき、手軽にビューカード決済でのチャージが可能です。

VIEW ALTTEでのチャージ方法
  1. 「クレジットカードによるチャージ」を選択
  2. 入金(チャージ)させたいSuicaカードを挿入
  3. お支払いのビューカードを挿入
  4. ビューカードの暗証番号を入力
  5. 入金(チャージ)する金額を選択
  6. 確認画面が表示されたら「確認」ボタンを押下
  7. カードとご利用明細票の受け取り

    なお、ビューカード以外のクレジットカードでのチャージはできないため、注意が必要です。

    2.Apple Pay(Wallet)に設定したクレジットカードでチャージする

    クレジットカードでSuicaにチャージする方法

    iPhoneの場合、事前にApple Pay(Wallet)にクレジットカードを設定・登録しておけば、登録したクレジットカードからチャージができます。手順は以下のとおりです。

    Apple Payでのチャージ方法
    1. Walletアプリを起動
    2. 入金(チャージ)したいSuicaを選択
    3. 「チャージ」をタップ
    4. 金額を設定し「チャージ」をタップ
    5. 決済したいクレジットカードを選択
    6. Touch ID/Face IDで認証

      なお、Android端末の場合には、GooglePayや楽天Payも利用可能です。

      3.モバイルSuicaアプリに登録したクレジットカードでチャージする

      iPhone端末およびAndroid端末共に、以下の方法でモバイルSuicaアプリにチャージできます。

      Androidでのチャージ方法
      1. Suicaアプリケーションを起動しログイン
      2. Suica一覧画面で入金(チャージ)したいSuicaを選択
      3. 「入金(チャージ)」をタップ
      4. 入金(チャージ)する金額を選択
      5. 金額表示下のクレジットカードロゴとカード番号下4桁をタップ
      6. 内容を確認し「入金(チャージ)」をタップ

        4.オートチャージ機能を利用する

        クレジットカードでSuicaにチャージする方法

        ビューカードであれば、残高が一定金額になった場合に自動でチャージしてくれるオートチャージ機能が利用できます。オートチャージは「モバイルSuicaアプリ」に登録した場合にのみ利用可能です。

        チャージされるタイミングは自動改札機にタッチした時で、自分で設定した残高以下になった時に、設定した金額をチャージしてくれます。

        オートチャージ機能の設定
        1. Suicaアプリを起動・ログイン
        2. Suica一覧画面でオートチャージ設定したいSuicaを選択
        3. 「チケット購入・Suica管理」をタップ
        4. オートチャージ設定画面で「利用する」を選択し、設定金額を入力の上「次へ」をタップ
        5. 利用規約を確認し「同意する」をタップ
        6. オートチャージ設定画面で「決定」をタップ

        なお、オートチャージ機能はビューカードのみに対応しているので、券面に「View」のロゴがあるものを利用しましょう。

        5.JRE POINTをSuicaにチャージする

        たまったJRE POINTをSuicaにチャージする方法は、以下のとおりです。

        JRE POINTをSuicaにチャージする方法
        1. JRE POINT WEBサイトにアクセスし、事前(変更)登録
        2. 「Suicaチャージ申し込み」画面へアクセス
        3. 交換するポイントと受け取り方法を選択

        受け取り方法としては、Suicaマークがついた自動券売機・モバイルSuicaのいずれかを選択できます。

        モバイルSuicaに登録したクレジットカード情報の変更方法

        モバイルSuicaに登録したクレジットカードを変更する方法

        登録クレジットカード変更は、以下の手順で手続き可能です。

        クレジットカード情報を変更する方法
        1. モバイルSuicaアプリを起動しログイン
        2. トップページで「会員メニュー」タブを選択し「Suica管理」をタップ
        3. 「クレジットカード設定」をタップ
        4. クレジットカード設定画面で「変更する」をタップ
        5. 登録するクレジットカード情報を入力、または選択し「次へ」をタップ
        6. セキュリティコードを入力し「次へ」をタップ
        7. 内容を確認し「登録する」をタップ

        クレジットカード情報を複数のモバイルSuica(Apple Payを含む)に重複登録はできません。そのため、他のSuicaに登録されていないクレジットカード情報を入力する必要があります。

         頻繁にクレジットカード情報の変更を行うと、アカウントがロックされたりチャージができなくなったりしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

        よくある質問

        Suicaのチャージにおすすめのクレジットカードは?

        ビックカメラSuicaカード、JRE CARD、ANA VISA Suicaカード、ビューSuicaカードがおすすめです。オートチャージ機能が利用でき、残高を気にせず利用できます。

        また、JCB CARD Wはオートチャージ機能はありませんが、通常のポイント還元率が1.0%と高水準のため、Suicaにチャージした分のポイントをより多く獲得できるのでおすすめです。

        Suicaとはどんな機能?

        SuicaはJR東日本が発行している電子マネーです。鉄道やバスの運賃の支払いが便利で、自動改札機にタッチするだけで改札を通過できます。

        また、Suicaのマークがあるコンビニや自動販売機などでもキャッシュレス決済が可能です。

        クレジットカードでSuicaにチャージするメリットは?

        現金でのチャージでは、ポイント還元が受けられません。しかし、クレジットカードならクレジットカードのポイント還元が受けられます。

        さらに事前にSuicaを登録しておけばJRE POINTも還元されるため、ポイントの二重取りが可能です。

        クレジットカードでSuicaにチャージする注意点は?
        一度でのチャージ限度額が2万円であることが挙げられます。また、ビューカードでないとオートチャージ機能は利用できないので、通勤や通学をスムーズにしたい場合にはビューカードを選ぶ必要があるでしょう。
        クレジットカードでSuicaにチャージする方法は?

        カードタイプなら、オートチャージ機能の設定をしておくか、券売機やJR東日本管轄駅にあるATM「VIEW ALTTE」にて手続きができます。

        また、モバイルSuicaなら、モバイルSuicaだけでなくApple PayやGoogle Payなども利用できます。

        たまったJRE POINTをSuicaにチャージできる?
        JRE POINTをSuicaにチャージできます。JRE POINT WEBサイトにアクセスし手続きを行うと、自動券売機またはモバイルSuicaから受け取りが可能です。
        モバイルSuicaに登録したクレジットカード情報は変更できる?

        変更できます。ただし、すでに他のSuicaに紐づいているクレジットカードに変更はできません。

        また、頻繁に変更手続きをするとアカウントがロックされたり入金できなくなったりするので注意しましょう。

        まとめ

        本記事ではSuicaのチャージにおすすめなクレジットカードを5枚ピックアップしました。Suicaへのチャージはクレジットカードの利用がおすすめです。

        チャージした分のクレジットカードのポイントが付与されるだけでなく、SuicaのポイントであるJRE POINTも付与されるため、二重でポイントを獲得できます。

        また、ビューカードならオートチャージ機能が利用できるため、残高を気にせずに毎日の通勤・通学ができるでしょう。

        Suicaを現金でチャージしているなら、この機会にぜひ便利でお得なクレジットカードのチャージに切り替えてみてはいかがでしょうか。

        関連記事

        こちらの記事も合わせて読みたい
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事