債務整理とは?メリット・デメリットや流れををわかりやすく解説!

借金問題を解決するための糸口として、債務整理という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

まさに借金に悩んでいる場合は、知っておくべき対処法です。

そこで今回は、債務整理について以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 債務整理とは?
  • 債務整理を相談できる相手
  • 手続方法・相談の流れ
  • メリット・デメリット
  • 債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所

債務整理を考えている方や、弁護士・司法書士事務所を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理とは、一言で言うと「借金を減らす・ゼロにする」手続きのことです。法的な措置となり、以下の種類に分けられます。

債務整理の種類
  1. 任意整理
  2. 民事再生(個人再生)
  3. 自己破産

①任意整理

毎月の返済が難しい場合に取る手段で、貸金業者や金融機関などと話し合って無理なく返済できるよう利息をカットして元本を支払い完済を目指します。

 取引を開始したタイミングに遡り、利息制限法の上限金利を引き下げて再計算をすることで、借金が減額されます。

なお、任意整理をするには減額された借金をおよそ3~5年で完済できる見込みがあることや、毎月の収入が安定していることなど、いくつかの条件があります。

会社員やアルバイトのように毎月安定した収入があれば任意整理をできる可能性があるため、債務整理の中でも多く利用されている方法です。

専業主婦(夫)でも配偶者に安定した収入があれば、手続きができる場合もありますよ。

②個人再生

債務整理とは?

借金が返済できない場合、裁判所に認めてもらい減額手続きをすることです。裁判所を介して手続きを行い、借金を5分の1~10分の1程度に減額することができます。

また、減額した借金は3~5年かけて分割払いで完済を目指せるのも特徴です。個人再生では住宅資金特別条項を適用し、マイホームを手放さずに借金を減額できます。

住宅資金特別条項とは?
住宅資金特別条項とは、住宅ローン以外の借金を整理して債務整理後も住宅ローンを返済しながらマイホームに住み続けられる条項を指します。

また、自動車ローンを完済済みの場合は自動車も手元に残すことも可能です。

住宅資金特別条項は、「住宅ローン特例」「住宅ローン特則」などと呼ばれることもありますよ。

③自己破産

借金の返済ができない状況に陥った際に、裁判所に認めてもらい返済義務を免除する手続きになります。

 自己破産をすると今まで抱えていた借金がゼロになるため、収入は生活費などに使用可能です。

なお、自己破産をするには支払いができないと認められること、かつ過去7年以内に免責を受けていないことが条件となります。

7年以内に免責を受けていなくても、場合によっては自己破産が認められるケースもあります。

債務整理を相談できる相手とは?

債務整理を相談できる相手

債務整理について相談できる相手は、弁護士または司法書士です。それぞれ相談できるか否か決まる条件があるため、事前に把握しておきましょう。

弁護士 制限なく法律に関する業務を基本的にすべて携われる
司法書士 交渉などの代理人として動けない。140万円以下であれば認定司法書士に依頼できる

債務整理のさまざまな問題に幅広く対応できることから、弁護士の方が依頼しやすいと言えるでしょう。

そして、債務整理について弁護士に相談する最大のメリットは、今の状況から救ってくれることです。また、専門家に頼ることで精神面の負担も軽減されます。

無料で相談ができる弁護士・司法書士事務所も多いため、一人で悩まずにまずは問い合わせてみましょう。

【種類別】債務整理の手続き方法

【種類別】債務整理の手続き方法

債務整理をするにあたって、どういった手順で進めれば良いか知らない人は少なくないでしょう。ここでは、それぞれの債務整理について基本的な手続き手順を紹介していきます。

任意整理

任意整理をする際は、主に以下の流れで手続きが進められます。

任意整理の流れ
  1. 弁護士・司法書士に依頼
  2. 受任通知により一時的に返済が止まる
  3. 利息の引き直し計算を実施し、過払い金があれば請求
  4. 債権者との和解交渉
  5. 交渉成立後の返済を開始

弁護士や司法書士に依頼する場合は、交渉が成立するまでは特別することはありません。

返済の催促も一時的にストップするため、手続き期間中は今まで通りの生活を送ることができます。

個人再生

【種類別】債務整理の手続き方法

個人再生では、大まかに以下のような流れで手続きを進めていきます。

個人再生の流れ
  1. 弁護士に依頼
  2. 受任通知の送付により一時的に返済が止まる
  3. 利息の引き直し計算を実施し、過払い金があれば請求
  4. 収支や家計の調査を行う
  5. 財産や資産の調査を行う
  6. 裁判所に個人再生の申し立てを行う
  7. 個人再生委員と面談し、手続きを開始
  8. 借金額が確定したら再生計画案を提出
  9. 再生計画案をもとに裁判所が審査を実施
  10. 裁判所に認可される
  11. 再生計画確定後に返済開始

このように裁判所を介する分、任意整理よりも手続きが複雑になります。

 なお、司法書士に依頼することも可能ですが、司法書士は弁護士と異なり、裁判所への申し立てを代理することはできません。

したがって、司法書士に依頼した場合は裁判所への申し立てや裁判官とのやり取り、個人再生委員との面談などはすべて自分で行う必要があります

手続きが不安な方は弁護士への依頼が安心ですね。

自己破産

自己破産をする際は、主に以下のような流れで進みます。

自己破産の流れ
  1. 弁護士に依頼
  2. 受任通知の送付により一時的に返済が止まる
  3. 書類作成など申し立ての準備
  4. 裁判所での面接
  5. 自己破産手続きの開始決定
  6. 管財人面接
  7. 債権者集会
  8. 免責許可決定・確定

ただし、自己破産には少額管財同時廃止という2種類の手続きがあり、資産や借金の状況により手続き内容が異なる場合があることを理解しておきましょう。

自己破産も裁判所を介するため、申し立て等を一人で進めるのが不安な場合は弁護士へ依頼しましょう。

債務整理をするメリットとは?

ここからは、債務整理を行う4つのメリットについて解説します。

メリット
  1. 借金を減らせる
  2. 過払い金があればお金が返ってくる
  3. 一時的に取り立てがストップする
  4. 将来への不安が軽減される

メリット①借金を減らせる

債務整理をするメリット

まずは、債務整理をすることで現在抱えている借金を減額できることが挙げられるでしょう。

債務整理の種類により借金を全額なくせるもの、あるいは大幅に減額できるものなどに分けられます。

 例えば、自己破産は借金が全額なくなりますが、任意整理はゼロになるわけではありません。

しかしながら、今よりも借金が減ることで完済の目処が立つため返済意欲もわいてくるでしょう。

メリット②過払い金があればお金が返ってくる

不正な利息として過去に支払っていた場合、引き直し計算をすることで過払い金として払いすぎた利息が返ってくる可能性があります。

過払い金は本来貸金業者に対して支払うべきではないお金であり、余計な利息分を返してもらうことで借金の返済に充てたり、借金を減額したりできます。

 2010年6月18日の貸金業法改正により金利が見直され、それ以前に借り入れをしている人は過払い金の対象となる可能性があります。

メリット③取り立てがなくなる

債務整理をするメリット

弁護士から貸金業者等へ受任通知が送られると、一時的に借金の取り立て・催促がストップします。つまり、債務整理の手続き期間中は今までのような借金に追われる生活から解放されるのです。

取り立てや催促はストレスになり精神的にも辛い状況が続くため、債務整理をすることで止まれば気持ちも楽になるでしょう。

メリット④将来への不安が軽減される

借金が全額免除となれば、借金を返済し続けなければいけないという不安から解放されます。また、減額された場合でも完済目処が立つことにより、将来への不安が軽減されるでしょう。

借金を返済し続ける・不安な気持ちを抱え続けることはストレスとなるため、債務整理によって前向きになれることもあります。

債務整理をするデメリットとは?

反対に、債務整理によるデメリットも存在します。ここでは、債務整理の種類別に考えられるデメリットを解説していきます。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは、主に以下の通りです。

デメリット
  • 信用情報機関に登録される
  • 借金がゼロになる訳ではない

任意整理をすることで信用情報にキズが付き、いわゆるブラックリストに載った状態となります。そのため、新たな借り入れができない、ローンを組めない事態に陥る可能性が高いです。

借金の返済額についても帳消しになる訳ではないため、きちんと完済まで返し続けなければいけません。

個人再生のデメリット

債務整理をするデメリット

個人再生のデメリットは、主に以下の通りです。

デメリット
  • 信用情報機関に登録される
  • 官報に掲載される
  • 手続きが複雑で、自分では難しい

任意整理と同様に、金融事故に該当するため個人信用情報機関に登録されブラックリストとなります。故に、新たな借り入れやローンを組むことは厳しいでしょう。

政府が一般国民に知らせる情報を掲載している官報に名前が載るため、場合によっては周囲にバレてしまう可能性があります。

また、手続きが複雑なため、なかなか自分で進めることは難しい点もデメリットと言えるでしょう。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、主に以下の通りです。

デメリット
  • 信用情報機関に登録される
  • 官報に掲載される
  • 自宅や自動車など一定以上の価値がある財産が没収される
  • 一部の資格・職業が制限される

自己破産も個人信用情報機関に名前が登録されるため、ブラックリストとなります。また、官報に名前が載るため手続きがバレてしまう可能性がゼロではありません。

 借金が全額免除される反面、ローンの残っている自宅や車は担保に取られ維持できないことが多いです。

また、警備員や生命保険募集人など、手続きが終わるまでは就けない職業があることも理解しておきましょう。

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所のおすすめの選び方

債務整理を依頼する弁護士・司法書士事務所を選ぶ際には以下のポイントを抑えましょう。

弁護士・司法書士事務所の選び方
  • 債務整理を得意とする事務所を選ぶ
  • 費用の安さで選ぶ
  • 相談のしやすさで選ぶ
  • 評判で選ぶ

事務所によって得意とする分野が異なります。債務整理を依頼したい場合には、債務整理を得意とする弁護士・司法書士事務所を選ぶと安心です。

依頼にかかる費用は事務所によって異なります。相談料の有無も事務所によって異なるため、無料で相談できる事務所を見つけましょう。

それでは、債務整理に強い弁護士・司法書士事務所のおすすめの選び方を紹介します。

債務整理を得意とする事務所を選ぶ

弁護士・司法書士事務所といっても、さまざまな事務所が存在し、それぞれの事務所で得意分野が異なります。

 そこで、債務整理を得意とする弁護士・司法書士事務所に相談すれば、手続きがスムーズで、債務整理の実務交渉の面で最も有利な条件で手続きできる可能性が高まるでしょう。

さらに、これまでの経験やノウハウを活かし、依頼者に合った適切な方法を提案してくれるため、債務整理を依頼するなら、債務整理を得意とする弁護士・司法書士事務所への相談をおすすめします。

費用の安さで選ぶ

債務整理の手続きは、無料ではありません。主な債務整理の任意整理・個人再生・自己破産ではそれぞれかかる費用が異なります。

借金を抱えている状態で、依頼する訳ですからできるだけ、債務整理にかかる費用を抑えたいですよね。

弁護士・司法書士事務所によって、かかる費用は異なります。さらに、分割払いに対応している弁護士・司法書士事務所もあるため、手元に資金がない方でも利用可能です。

 債務整理を依頼する場合は、できるだけ手元に資金を残せる弁護士・司法書士事務所を選びましょう。

相談のしやすさで選ぶ

債務整理の手続きについて、相談しやすい弁護士・司法書士事務所かも非常に重要なポイントです。たとえば、自分と歳が近い人や、性別が同じ人が在籍している事務所だと相談しやすいでしょう。

 弁護士・司法書士事務所のなかには、女性も在籍している事務所も存在するため、男性に依頼しにくい内容でも気軽に相談できます。

また、自宅からアクセスしやすい事務所や、出張に対応している事務所を見つけると相談しやすいです。

弁護士・司法書士事務所によって、相談料の有無が異なるため、無料で相談できる事務所を選びましょう。

評判で選ぶ

弁護士・司法書士事務所を選ぶ際には、ネットなどで口コミなどを確認することもおすすめします。実際に利用した人の情報を確認できれば、初めて利用する事務所でも安心できるでしょう。

 ただし、口コミは匿名の情報であるため、情報の正確性に欠ける側面もあるため、記載内容をすべて鵜呑みにしてはいけません。

事務所の評判が良くても、実際に利用してみると思っていたサービスと異なる可能性もあり得ます。口コミの情報は参考程度にし、最終的には自分自身で事務所の良し悪しを判断しましょう。

債務整理で弁護士・司法書士に相談するメリット

債務整理を弁護士・司法書士に相談する主なメリットは、以下の3つです。

弁護士・司法書士に相談するメリット
  • 督促・取り立てが止められる
  • 手続きの手間を省ける
  • 自分に合った最適な方法を提案してもらえる

では、3つのメリットを解説します。

督促・取り立てが止められる

債務整理の手続きを開始すると、弁護士・司法書士事務所が金融機関に連絡することで、債務者への督促や取り立てが止まります。

 複数の金融機関から借金をし、督促や取り立てに思い悩み、苦しんでいる方も少なくありません。弁護士・司法書士に依頼すると、法的に債権者は債務者に対して取り立てできなくなります。

債務整理の手続きを自分だけでする場合、取り立てを止める手続きも自身でおこなう必要がありますが、弁護士・司法書士に依頼すると自動的に督促や取り立てを止めることが可能です。

手続きの手間を省ける

債務整理の手続きは複雑で、専門知識やノウハウを必要とする場合があります。弁護士・司法書士は債務整理の手続きに関するプロのため、スムーズに進めてくれるでしょう。

個人でおこなう場合、手続きに必要な書類作成や債権者とのやり取りを自分でしなくてはなりませんが、弁護士・司法書士に依頼するとほぼすべての作業を任せられます。

自分に合った最適な方法を提案してもらえる

債務整理は、主に任意整理・個人再生・自己破産の3種類あります。各特徴を大まかに把握していても、自分に合った方法はどれなのか素人では判断しずらいです。

 誤った判断をすると、債務整理を失敗し、借金を減額できない可能性があるでしょう。

しかし、弁護・司法書士に依頼すると、各債務整理の条件やメリット・デメリットをしっかりと理解できます。

自分にどの方法が適しているのか分からず悩んでいるよりも、弁護士・司法書士に相談した方が早く問題を解決できるでしょう。

まずは、無料で相談に対応してくれる弁護士・司法書士を利用してみてください。

債務整理におすすめな弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所

はたの法務事務所

司法書士歴40年の実績から20万件以上の相談を受けているため、債務整理や過払い金請求に対する豊富なノウハウを有しています。

 手持ちがなくても督促停止・相談は無料・費用の分割払いに対応など、相談者に優しいサービス提供も魅力的です。

相談受け付けは24時間年中無休で実施しているため都合に合わせやすく、かつ全国への出張相談も無料で実施しています。

豊富な解決事例が紹介されているため、自分に近い境遇の人についてリサーチしてみましょう。
主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・登記業務

対応時間

・電話:7:00~24:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・過払い報酬:取り戻した過払い金額の20%※10万円以下の場合は12.8%(別途計算費用として1万円)

・任意整理:基本報酬1社20,000円~

・個人再生(民事再生):350,000円~※再生委員に払う費用として別途20万円も必要

・自己破産:300,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

債務整理の案件を数多く手がけていることにより、経験と実績に基づき相談者をしっかりとサポートしてくれます。

 無料で相談できるうえ、平日だけでなく土日祝日も対応しているため利用しやすいです。

電話が苦手な場合でもメールフォームにより無料相談を受けているため気軽に利用し、まずは事前面談を受けてみましょう。

一人ひとりの事情に応じた、最適な解決方法を提案してくれます。
主な対応業務

・債務整理

・過払い金請求

・交通事故

・労働問題

・離婚・相続問題

対応時間 10:00~20:00
※土日祝日10:00~19:00も対応
料金例(税込)

・自己破産着手金:220,000円

・個人再生着手金:330,000円

・任意整理着手金:1件22,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒110-0015

東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

相談者の立場になり、親身になって業務をすることを心掛けている法律事務所です。最良と思われる解決方法を、一緒になって真剣に考えてくれます。

 相談料は無料となっているため、まずは状況を知ってもらうことから始めてみましょう。

悩み解決のお役立ち情報を配信しているコラムも提供しているため、知識習得はもちろん不安を和らげる意味でもぜひご活用ください。

電話受付は10:00~19:00のため、時間外の相談には問い合わせフォームを活用しましょう。
主な対応業務

・任意整理

・個人再生

・自己破産

・過払い請求

・サイト被害

対応時間 10:00~19:00
料金例(税込)

・任意整理着手金:1社あたり22,000円

・自己破産着手金:220,000円~

・個人再生着手金:330,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒130-0022

東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

出典:https://www.hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響

相談者に寄り添った解決を第一の目標としており、利益が見込めない場合はきちんと説明し、納得できるまでわかりやすく方針を提案してくれます。

 不安が尽きない弁護士費用についても、依頼前にできる限りわかりやすく案内してくれるため安心です。

豊富な解決実績をもとに、独自のノウハウを活かして債務整理等の問題に立ち向かってくれるため、非常に心強い存在となります。

メディアへの出演も多く、信用・信頼できる弁護士法人です。
主な対応業務

・債務整理

・交通事故

・労働問題

・相続問題

・離婚

対応時間

・電話:10:00~19:00

・メール:24時間受付

料金例(税込)

・任意整理着手金:55,000円

・個人再生着手金:330,000円

・自己破産着手金:330,000円

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地※西新宿オフィスの場合

169-0074

東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階

出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

「悩みのない、明るい未来へ」をキャッチフレーズに、相談者の悩みに寄り添い耳を傾け、法律に関する問題をともに解決へ導いてくれます。

 専門性に特化したチームで対応しており、債務整理についても心強い存在となりサポートしてくれるでしょう。

迅速な対応による早期解決、そして依頼者とのコミュニケーションを密に取り、少しでも不安を緩和するように努めてくれる点も特徴です。

「自己満足」ではなく「顧客満足」が得られたかどうかを重視しているため、質の高いサポートを期待できるでしょう。
主な対応業務

・債務整理

・交通事故

・消費者トラブル

・離婚トラブル

・相続・遺言・後見

対応時間 9:00~18:00
料金例(税込)

・任意整理着手金:1社につき55,000円

・個人再生着手金:(住宅ローン無)605,000円~/(住宅ローン有)715,000円~

・自己破産着手金:605,000円~

無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地

〒103-0012

東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階

出典:https://amane-law.or.jp/

よくある質問

債務整理に強い弁護士・司法書士事務所は?
東京ロータス法律事務所やはたの法務事務所、弁護士法人・響などが挙げられます。それぞれ豊富な実績があるため、問題解決に必要なノウハウを有していると言えるでしょう。相談は無料で受け付けています。
債務整理って何?
債務整理とは、「借金を減らす」または「ゼロにする」ことです。大きく分けて任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産があり、それぞれ法律に基づいた手続きとなります。
債務整理を相談できる相手とは?
弁護士と司法書士に相談が可能です。ただし、弁護士は制限なく債務整理の取り扱いができますが、司法書士の場合は140万円以下の場合に依頼できます。その際も、「認定司法書士」に依頼する必要があります。
債務整理のメリットは?
最大のメリットは借金を減らせることです。そして、仮に過払い金があれば返ってくることや、取り立てがストップするといったメリットもあります。精神的にも借金問題が解決に向かうため、不安が軽減されるでしょう。
債務整理のデメリットは?
金融事故を起こすことになるため、個人信用情報機関に名前が登録され、いわゆるブラックリストに載った状態となります。社会的信用を失うことにより、新たな借り入れやローンを組むなどはできなくなる可能性も高いです。
債務整理の手続き方法とは?
基本的な流れとしては、弁護士等に依頼をして受任通知により取り立て・返済をストップします。その後、利息の引き直し計算等をして債権者に対して和解交渉をし、成立すると残りの返済がスタートするといった流れです。
債務整理は自分でもできる?
自分で手続きをすることも可能です。しかし、選択する方法によっては裁判所とのやり取りが発生するなど複雑な作業も含まれます。よって、法律的な問題であるため弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。特に民事再生(個人再生)については処理が複雑なため、自身で進めることは難しいでしょう。

まとめ

この記事では、債務整理とは何かをわかりやすく説明したうえで、手続き方法実施するメリット・デメリットなどを解説しました。

債務整理とは借金を減額、またはゼロにできる手続きで、新たな人生をスタートするための手段とも言えるのではないでしょうか。

借金問題が解決に進む一方で、ブラックリストとして登録されることにより新たな借り入れができない、ローンを組めなくなる可能性についても理解しておきましょう。

債務整理を行うべきか悩んだ場合は、今回ご紹介した弁護士・司法書士事務所への相談もぜひ検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事