おすすめ保険相談窓口人気比較ランキング!利用のメリットも解説!

保険は、入院が必要となったり家族に万が一のことがあったりしたときに、心強い味方となってくれます。しかし、保証内容や保証期間など契約内容が複雑で、迷う人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、保険相談窓口の利用がおすすめです。利用者それぞれに必要な保険を提案してくれたり、ライフプランニングの助言をしてくれたりします。

そこで今回は、おすすめしたい保険相談窓口を厳選して7社ご紹介します。その他にも以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 保険相談窓口比較ランキング
  • 保険相談窓口とは
  • 保険相談窓口を利用するメリット
  • 保険相談窓口のおすすめな選び方

保険相談窓口の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

おすすめ保険相談窓口7選

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶの特徴
  • お金のスペシャリストであるFPに相談できる!
  • 累計申込件数19万件突破!
  • 保険の取扱数35社以上!
  • 24時間365日相談の受付対応が可能!
  • 都合に合わせて自宅・オフィス・カフェなどまで訪問!WEB面談もあり!

ほけんのぜんぶは、総合保険代理店事業を主軸にサービスを展開しています。店舗はないため、相談場所は指定した場所かオンラインかの選択が可能です。

自宅やオフィス・カフェなど担当者が、都合に合わせて訪問してくれます。時間や場所に縛りがないため気軽に相談できます。

 相談員が全員FPを取得しており、保険商品の紹介だけでなくお金に関する悩みも解決へ導いてくれることが強みです。

24時間365日いつでも予約できるので、忙しい方にもおすすめできます。申し込み件数は15万件を突破しており、信頼性抜群の保険相談窓口です。(件数は2019年12月時点)

取り扱っている保険は35社以上なので、幅広い選択肢から最適なプランを提案してくれますし、最後まで相談手数料が無料のままなのは嬉しいメリットです。

外出せずにオンラインで相談できるのは、子育て中のママパパにはありがたいですね。
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能

出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

保険市場

保険市場

保険市場の特徴
  • 相談相手のコンサルタントを自分で選べる!
  • 相談件数7万件突破!
  • 店舗数・取り扱い保険会社数が多い!
  • オンライン面談の際は、ツールの使い方からの徹底サポート!

保険市場の最大の特徴は、5,000人以上の中からコンサルタントを自分で選べることです。公式ホームページに相談員の一覧が掲載しており、得意な分野や保有資格などを確認できます。

実際にコンサルタント一人ひとりの相談した人の口コミが見ることができるため、相談してみて「相性が良くなかった」などのズレも事前に防ぐことができます。

 オンラインでの面談は専用のツールを使うため、個人情報の漏洩を心配する必要はありません。

オンラインで申し込み可能な保険商品に加入する場合は、そのまま契約手続きまで可能です。取扱保険会社数も94社と非常に多いため、満足度97.9%と利用者からの人気が高いサービスだといえます。

種類豊富な保険商品を取り扱っているため「保険料シュミレーション」「自動車保険12社一括見積り」などのWEB上で簡単にシュミレーションできるサポートも充実しています。

店舗は高級感のある落ち着いた個室でありながら、キッズスペースや授乳室などが完備されており子供連れでも利用しやすい環境です。

※2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合

取り扱い保険商品 94社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 715店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能

出典:https://www.hokende.com/

マネードクター

マネードクター

おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 商品の説明・公的制度の活用・リスク分散など詳しく解説してくれる!
  • 自宅やカフェ、オンラインで相談可能!相談は何回しても無料!

マネードクターは、保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。最短翌日から相談予約できる点も魅力的です。

マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
 具体的には将来必要になる貯蓄額を準備することを優先にしつつ、予測されるリスクに対する保障となる手段を準備してくれる保険相談所です。商品や公的制度、リスク分散など細かく説明してくれます。
必要なお金は生活スタイルによって変わります。そんなライフスタイルと将来に備えて、人生に必要なお金を「見える化」してくれます。出産や子育て、貯蓄、老後、資産運用など目的に合わせて提案してくれます。
相談場所は自宅や最寄りのカフェ、オンラインなど自由に設定でき、「ゆっくり相談したいから支店」「気軽に相談したいからオンライン」など都合に合わせて、相談のたびに変更できます。

相談は何回でも無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能

出典:https://fp-moneydoctor.com/

保険無料相談.com

保険無料相談.com

保険無料相談.comの特徴
  • 保険のプロが必要な保険を厳選・提案してくれる!
  • 訪問型なので好きな場所を指定できる!オンラインも可能!
  • 担当者の変更が可能!
  • お客様満足率94.9%の高い支持!※公式サイト

保険無料相談.comは、訪問型の相談サービスを提供しています。場所を指定できるので、悩みを打ち明けやすい環境で納得するまで相談できるのが嬉しいポイントです。

担当者と相性が合わない場合や保険の加入を強要されたときには、すぐに担当者を変更してもらえます。また、地域によっては、女性担当者の指定も可能です。

 経験豊富なライフコンサルタントが悩みのい寄り添って保険を提案してくれます。利用者の満足度94.9%の高い支持率を保持しているため、安心してお金について相談できます。

保険商品の提案だけではなく、公的制度の説明も丁寧に行ってくれるので、必要な商品と不要な商品を明確にしてくれます。

全国エリアに対応しておらず面談ができない地域もありますが、一部地域ではオンラインでの面談も可能なので、気になる方は一度お問い合わせしてみてください。

現在、面談・アンケートで豪華賞品がプレゼントされるキャンペーン実施中です※9月30日まで
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

出典:https://hokenmuryosoudan.com/

保険マンモス

保険マンモス

おすすめポイント
  • 居住地域の近くで評判の高いFPを紹介するサービス
  • 保険マンモスと提携中のFPは全国4,500人以上!
  • 紹介されたFPが合わないと感じたら担当の変更が可能

保険マンモスは金融・保険のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナー(FP)を紹介してくれるサービスです。あなたが住んでいる地域の近くで評判の良いFPを探し、紹介してくれます。

 保険マンモス独自の厳しい基準を突破した提携中のFPは4,500人以上に上ります。どのFPも質が高く、複数の保険会社の情報やお金についてのためになるアドバイスを教えてもらえます。

保険マンモスでは相談したい悩みを予めヒアリングし、その分野が得意なFPを選定してくれます。そのため、FPとのマッチング率が高くストレスなく相談することが可能です。

また、相談を申し込み、面談後アンケートに回答すると特典としてお米や国産牛、生ハムなど豪華商品をもらうことができます。こちら対象となる方は全員必ずもらえるプレゼントとなっています。

紹介されたFPとの相性が合わないと感じたら、保険マンモスに変更を申し込むことができます。
取り扱い保険商品 非公開
受付時間 訪問式・要相談
オンライン面談 可能

ほけんの窓口

ほけんの窓口

保険の窓口の特徴
  • 相談は何度でも無料!オンライン相談なら当日予約・夜の相談も可能!
  • ネットで保険選び(通信販売)もできる!
  • 契約後のサポートが手厚い!
  • 国民年金基金の相談もできるため自営業・フリーランスでも安心!

CMでもおなじみのほけんの窓口は、来店型の保険相談サービスです。店舗数は767と非常に多く、自宅に近い店舗を見つけやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

必要な保険が1つの窓口で見つけられるよう40社以上の保険商品を取り扱っています。種類・保険会社・リスクなどから自分のライフスタイルに合わせて最適な保険を探すこともできます。

 担当者との相談なしでネット上で保険を探すこともできます。忙しくて相談する時間が取れない方は「保険シュミレーション」で保険を試算してみましょう。

自営業・フリーランスの方向けに国民年金基金の相談も受け付けています。国民年金基金と各種保険を比較しながら、老後資金形成の提案をしてくれます。

現在はオンラインでの面談も可能なので、「今は外出を控えたい」という方や「空いた時間でサッと相談したい」という方は利用を検討してみてください。当日予約も夜の相談も何度でも無料です。

保険加入後もサポートが充実しており、3年に1回を目安で無料で保険の確認をしてくれます。また、給付金・保険金の請求が発生で、住所変更が必要になったら一連の変更手続きをサポートしてくれます。

店舗相談はキッズコーナーやベビーベッドなどの設備も整っているので、子供連れでも安心です。
取り扱い保険商品 40社以上
受付時間
  • 平日:9時~19時
  • 土日:9時~17時30分

※窓口により違いあり

店舗数 767店舗
キッズルーム あり
オンライン面談 可能

出典:https://www.hokennomadoguchi.com/

保険見直しラボ

保険見直しラボ

保険見直しラボの特徴
  • 保険相談サイトランキングNo.1獲得!お客さま満足度97.3%!※公式サイト
  • 相談員は平均経験年数12.1年とベテラン揃い!
  • 全国どこでも訪問可能!オンライン相談もできる!
  • 申し込みから初回面談日確定まで最短10分!

保険見直しラボは、指定した場所で面談ができる訪問型保険相談サービスを提供しています。外出が難しい方や店舗の近くに住んでいない方、忙しい方におすすめです。もちろんオンライン相談もできます。

相談員は業界で経験を積んだベテランが多く、ライフプランに合わせた最適な保険を紹介してくれます。何度でも無料で相談できる点もメリットです。

 約30社以上の保険会社を取り扱っているため最適な商品を提案してくれるだけでなく、保険のカスタマイズも行ってくれます。

申し込みをしてから最短10分で初回面談日が確定するので、「すぐ保険を見直したい」「忙しいのでスケジューリングに時間を取りたくない」という方でも安心して利用できます。

利用者満足度も97%と高く、信頼性の高い保険相談窓口です。

※2022年8月現在

取り扱い保険商品 32社
受付時間 平日9時~18時
店舗数 70拠点
キッズルーム あり
オンライン面談 可能

出典:https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/

保険見直し本舗

保険見直し本舗

保険見直し本舗の特徴
  • 1担当者制を導入してるからサポートが手厚い!
  • 相談は何度でも無料!
  • 対応可能な地域が多く相談スタイルを自由に選べる!
  • 保険証券をスマホで確認できるアプリ!

保険見直し本舗は、ウェブクルーグループの生命保険代理店です。全国に店舗を構えていますが、その他にもオンライン面談や電話相談、訪問相談など幅広く対応してもらえます。

最大の特徴は、担当者が変わらないことです。初回の相談から契約、アフターフォローまで全て同じスタッフが担います。顔見知りになっているからこそ、小さな悩みや疑問でもすぐに相談できるので安心です。

 状況に応じた必要保障額をシュミレーションし、それに沿って最適な保険に加入できているかどうかを診断してくれます。その上で必要な保険を提案してくれるため、1社に偏らない提案をしてくれます。

また保険見直し本舗は、ライフプランに合わせて適切な保険を紹介することを心がけています。見直しが必要ないと判断した場合は、無理に契約をすすめることはありません。

スマホで簡単に保健管理ができる無料アプリを利用すると、複数の保険会社、保険種類に関わらずまとめて保険証券えおデータ化してくれます。

キッズスペースがあったり、子どもの都合で急遽訪問相談に変更したりと融通がきくのも嬉しいポイントです。
取り扱い保険商品 40社以上
受付時間 平日・土日祝 9時〜18時
店舗数 318店舗
キッズルーム あり
オンライン面談 可能

出典:https://www.hokepon.com/

保険コネクト

保険コネクト

おすすめポイント
  • 国内最大級の保険比較・相談サイト!※公式サイト
  • 数ある保険の中から最適な保険をご紹介!
  • 加入を強要されることはないので、安心して相談できる!
  • 独自の審査を通ったFPが相談にのってくれる!

保険コネクトは国内最大級の保険比較・相談サイトで、対面型の保険相談窓口です。数ある保険のなかから、5年以上の実績があるFPがあなたにぴったりの保険を提案します。

FPは全国各地に在籍していますので、全国どこからでも利用可能です。特に、保険内容を厚くして保険料を節約したい方はおすすめです。

 相談から保険を見直した結果「保険料を安くして保険内容を厚くできた」「保険料が夫婦合計で月々9,603円節約できた」など満足度の高い声があげられています。

在籍するFPは保険コネクトの独自の審査を通った経験豊富なプロばかりです。紹介した保険の加入を強要することはありませんので、まずは相談から気軽にしてみましょう。

保険について詳しく学べるコラムが多数掲載されており、保険について基礎知識から見直しできます。

オンライン相談は行っていないため、訪問型の相談になります。
取り扱い保険商品 22社
受付時間 ネット予約が基本
店舗数 店舗相談なし
キッズルーム 不明
オンライン面談 不可

保険相談窓口比較ランキング:取扱保険会社数

本記事でおすすめした保険相談窓口の中から、取扱保険会社数が多い順にTOP3をピックアップして紹介します。

※このランキングは本記事で紹介したおすすめ保険相談窓口各社の取扱保険会社数を比較し作成しています。
※このランキングは2021年8月時点での情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。

1保険市場(91社)

保険市場

保険市場の特徴
  • 相談員を自分で選べる
  • 店舗数・取り扱い保険会社数が多い
  • オンライン面談はツールの使い方から徹底サポート

2ほけんの窓口(40社以上)

ほけんの窓口

保険の窓口の特徴
  • 店舗数が767と非常に多い
  • ネット・電話で事前予約可能
  • 子供連れでも安心の店内

2保険見直し本舗(40社以上)

保険見直し本舗

保険見直し本舗の特徴
  • 1担当者制なのでスムーズ
  • 電話相談も対応可能
  • 対応可能な地域が広い

保険相談窓口とは

保険相談窓口とは

保険相談窓口は、保険の新規加入や見直しに関する相談に乗ってもらえる場所です。原則無料で利用でき、貯蓄や住宅ローンなどライフプランに関することも相談可能です。

相談対応してくれる内容は窓口によって異なりますが、以下のことを無料で相談できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

保険相談窓口で相談できること
  • 保険の新規加入・見直し相談
  • 家計相談
  • ライフプランニング
  • 資産形成相談
  • 保険加入後のアフターフォロー(変更手続きなど)

相談員はファイナンシャルプランニング技能士などの資格を取得し、専門的な知識を持っている人ばかりなので安心して利用できます。

保険相談窓口はおすすめ?利用するメリット

保険相談窓口はおすすめ?利用するメリット

「保険の相談は、気になる保険会社に相談すればいいのでは?」と思う人も少なくないでしょう。しかし、保険相談窓口の利用にはさまざまなメリットがあります。

ここでは以下の4つに分けてご紹介します。

保険相談窓口を利用するメリット
  • 無料で商品を公正に分かりやすく紹介してくれる
  • ライフプラン全体の見直しをしてくれる
  • 保険を押し売りされることがない
  • 加入後の管理をお任せできる

無料で商品を公正に分かりやすく紹介してくれる

保険相談窓口では、保険の仕組みや商品の概要を分かりやすく教えてくれます。保険商品は契約内容や契約期間などが複雑で、専門的な知識が無い状態で必要性を判断するのは困難です。

 相談員は、すべての商品について正しい情報を、無料で偏りなく紹介してくれます。

また保険に加入する際は、どんな契約内容なのか十分理解しておくことが大切です。しかし、保険会社に相談すると、良い点しか教えてもらえず加入後に後悔するケースもあるでしょう。

保険相談窓口の利用によって、自分が本当に必要な商品を知ることができます。

ライフプラン全体の見直しをしてくれる

ライフプラン全体の見直しをしてくれる

保険相談窓口では、現在の資産や家族構成などをもとに今後のライフプラン全体の見直しを検討してくれる場所でもあります。

 保険とは未来への投資であり、今後の人生設計が明確にできていなければ、正しい保険に加入することは難しいからです。

保険相談窓口にはファイナンシャルプランニング技能士といい、お金に関する専門的な知識を幅広く持つ人も多く在籍しています。

保険の加入や見直しの相談と同時に、今後の人生設計に関する悩みがあれば一緒に解決してもらいましょう。

保険を押し売りされることがない

保険相談窓口の相談員は、基本的に全員が「保険募集人」という保険契約の代行や媒介を行える資格を持っています。そのため相談する中で、「この保険に入りたい」と思う商品があればそのまま手続きが可能です。

しかし相談に乗ってもらったからといって、保険を押し売りされることはないだけでなく、契約をしなければいけないという決まりもありません

 一方、保険会社では契約を強くすすめられてしまうリスクがあると言われています。

保険相談窓口は多くの商品を扱っているため、その中から本当に必要なものだけピックアップして紹介してくれます。

その場で契約するか決める必要はなく、パンフレットを持ち帰り自宅でゆっくり検討することもできるので安心です。

加入後の管理をお任せできる

保険相談窓口を利用して保険に加入した場合、契約後の管理もお任せできます。保険相談窓口は保険会社の変わりに契約手続きや変更ができる「保険代理店」を兼ねている場合が多いからです。

保障内容を見直したいときや保険金を請求したいときに、馴染みのあるスタッフに相談できるのは安心ですよね。

複数の保険会社と契約したときも、窓口をひとつにまとめられるのは嬉しいポイントです。

保険相談窓口を利用する最適なタイミング

保険相談窓口を利用する最適なタイミング

ここからは、保険相談窓口を使用する最適なタイミングについて紹介します。保険相談窓口の利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

最適なタイミング
  • 社会人になった(学生から就職した)とき
  • 結婚・離婚したとき
  • 子どもが生まれたとき
  • マイホームを購入したとき
  • 独立・企業したとき
  • 子どもが独立したとき
  • 親を扶養することになったとき
  • 定年退職したとき
  • 加入している保険の更新時期

社会人になった(学生から就職した)とき

保険新規加入のタイミングで特に多いのが学生から社会人になるタイミングです。

 社会人経験が浅い時期は「万が一」や「保険」のイメージがしづらく、自分にどのような保障が適しているのか悩んでしまう方も多いでしょう。

保険相談窓口では、現在必要な保障だけではなく、今後のキャリアで必要になる保障も提案してくれます。

保険に対して漠然なイメージを持ったまま保険に加入するとミスマッチが起こることもあります。

保険のプロと一緒に必要な保障を自分でつけてみましょう。

結婚・離婚したとき

結婚・離婚したとき

独身のときは自分ひとりの保障を考えれば良かったものが、結婚するに当たり「夫婦」の保障を考えなければなりません。

世帯を持つことで具体的にどのような保障が必要になるのか想像が難しい場合は、保険相談窓口で相談してみましょう。

 家計にかかる支出と保険料のバランスなどを加味して、生活費を圧迫しなくても十分な保障が受けられる提案をしてくれます。

離婚した際もどうように、離婚後ひとり暮らしになるのか、子どもを連れて暮らすのかによっても保障は変わります。

子どもが生まれたとき

子どもが生まれたときも保証内容や保障金額を変更する最適なタイミングになります。

 一般的に、子どもが小さい頃の方が大きな保障が必要になると言われています。

自分に「もしも」のことがあった場合に、残された家族が困らないように十分に備えておく必要があります。

子どもが生まれたときはどれくらいの保障が必要なのか、独立したときはどれくらい縮小するのかも考慮しておくと良いでしょう。

子どもが独立した際に、保障を小さくするケースも多いですよ。

加入している保険の更新時期

加入している保険の更新時期

生命保険の種類
  • 終身型:一生涯の保障を得られる
  • 定期型:一定年齢まで保障を得られる
定期型は、終身型よりも保障期間が短いですが、保険料が割安なケースが多いので、家計の負担を減らしたい方が加入することが多いです。
ですが、一定期間もしくは定めた年齢を経過すると、保険期間が満了するため更新をする必要があります。
 更新は自動でされるものなので、現在の状況に合っているのかを一度見直してもることがおすすめです。
保険加入時とライフスタイルが変化している場合は、保険相談窓口を利用して最適な保障を見つめ直しましょう。

保険相談窓口では、保険見直しの方法もアドバイスしてくれます。

保険相談窓口のおすすめの選び方

保険相談窓口のおすすめの選び方
保険相談窓口は数多くあり、どうやって選べばよいか分からない方も多いでしょう。ここでは保険相談窓口の選び方を4つのポイントに分けて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

保険相談窓口の選び方
  • 相談場所で選ぶ
  • 相談員のスキルで選ぶ
  • 取扱保険会社数で選ぶ

相談方法で選ぶ

相談方法で選ぶ

保険相談は、以下の4つの方法から選べます。

保険相談の種類
  • 店舗
  • 訪問
  • オンライン
  • 電話

    保険の相談は一度で終わることは少なく、契約完了までの何度も相談する必要があります。そのため、出来るだけ通いやすい場所を選ぶのがおすすめです。

    自宅近くに店舗がない場合は、オンラインや訪問相談が可能かどうか調べておきましょう。

    店舗に行く

    最も利用者が多いのは、保険相談窓口の店舗に行く方法です。ショッピングモールなどで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

     店舗の場合はキッズルームや授乳スペースなどの設備が整っていることが多く、子供連れでの利用も安心です。

    また車を利用する際は、駐車場が完備されている店舗を探すと良いでしょう。

    訪問してもらう

    近くに店舗がない場合は、自宅やカフェなど場所を指定して相談員に来てもらう方法もあります。

     忙しかったり、パソコンがなくオンラインでの相談が難しかったりする場合にもおすすめです。

    訪問相談のデメリットは、キッズスペースがないことが挙げられます。

    訪問型を利用する場合、子連れでは子供の面倒を見てくれる人がいなければ、ゆっくり相談に乗ってもらうのが難しいかもしれません。

    オンライン

    最近ではテレビ電話やzoomなどを利用し、オンラインでの相談の希望も増えています。以下のような人には、オンライン相談の活用がおすすめです。

    オンライン相談がおすすめな人
    • 外出を控えたい
    • 店舗が近くにない
    • 忙しくあまり時間が取れない

    相談員のスキルで選ぶ

    相談員のスキルで選ぶ

    せっかく相談するなら、専門的な知識や経験が豊富な相談員に依頼したいと思う人が多いでしょう。保険相談窓口の公式ホームページでは、相談員の実績や資格取得状況を把握できます。

    また相談窓口によっては、相談員を指定できる場合もあります。

    保険の契約は大きな買い物なので、安心してお任せできる相談員を選ぶようにしましょう。

    取扱保険会社数で選ぶ

    保険相談窓口によって、取り扱う保険商品の数は異なります。一般に商品数が多いほど、自分にぴったりのものを選んでもらえる可能性が高くなります。

    取扱商品数は公式ホームページにも記載されているので、気になる窓口がある場合はチェックしてみてください。

    保険に関するアンケート調査

    保険加入にはまず、保険相談窓口に相談したり、口コミ・評判などを調べてから、加入することが多いでしょう。

    今回は全年代を対象とした保険に関するアンケートを行い、気になる疑問を調査しました。

    Q1:現在生命保険に加入していますか?

    アンケート調査結果
      20代(票数/%) 30代(票数/%) 40代(票数/%)
    50代(票数/%)
    はい 62 57.4% 70 65.4% 73 70.9% 90 86.5%
    いいえ 46 42.6% 37 34.6% 30 29.1% 14 13.5%

    アンケート調査結果によると、生命保険の加入率は高く、全ての年代で半数以上が加入しているという結果になりました。

    20代の加入率が57.4%と最も低く、30代は65.4%と増加しています。

    50代を見ると86.5%の方が生命保険に加入しており、前世代通してほとんどの方が生命保険に加入することがわかります。

    年齢が高くなるにつれて万が一に備えた生命保険に加入する方が増加しています。

    Q2:初めて生命保険に加入したタイミングはいつでしたか?

    生命保険アンケート

    アンケート調査
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    社会人になった時 54.3% 150
    結婚した時 17.0% 47
    小堂見が生まれた時 9.8% 27
    怪我・病気をした時 2.5% 7
    その他 16.3% 45

    アンケート調査によると、初めて生命保険に加入したタイミングは「社会人になった時」という意見が最も多い結果となりました。

     社会人になるタイミングは「万が一」や「保険」についてイメージしづらく、自分に最適な保証内容について余り理解できずに加入してしまうケースも多いでしょう。

    漠然とした保険のイメージのまま加入してしまうと、ミスマッチがおきてしまうため、保険会社としっかり調べてから加入しましょう。

    保険加入について不安な方は保険相談窓口で無料相談してみましょう。

    Q3:どのような手段で知った生命保険に加入しましたか?(初めて加入した生命保険についてお答えください / もっとも当てはまるものをお選びください)

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    家族・友人・知人などに教えてもらったもの 32.6% 90
    保険の営業から 30.8% 85
    保険相談窓口 12.0% 33
    ネットの広告・CMなどで見たものを調べた 10.5% 29
    WEBで検索 6.5% 18
    その他
    7.6% 21

    アンケート調査によると、加入している保険会社を知ったきっかけは「家族・友人・知人などに教えてもらったもの」という意見が最も多い結果となりました。

    その次に多かった意見が「保険の営業」という結果となり、この2つのきっかけが全体の半数を占めています。

     保険は、万が一のために備えるものなので、普段の生活ではあまり馴染みのない分野です。そのため、紹介によって知ったという方が多いです。

    保険プランは想像している以上に種類があり、保証内容によって細かくプランがあります。

    保険の加入を検討している方は、一度さまざまな保険会社や商品について知るところから始めましょう。

    紹介された保険会社の商品よりも、自分のニーズに合う保険会社が見つかる可能性もありますよ。

    Q4:現在メインでご加入の生命保険に加入する際、その他に何社の保険と比較しましたか?

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    比較はしていない 53.6% 148
    1社 8.3% 23
    2社 22.8% 63
    3社 9.8% 27
    4社 1.8% 5
    5社 0.0% 0
    6社以上 3.6% 10

    アンケート調査によると、現在メインでご加入の生命保険に加入する際に「比較していない」という意見が最も多い結果となりました。

    約半数の方が保険会社の比較をしておらず、そのまま契約しているようです。

     4社以上比較した方は全体の21.6%で、6社以上比較した方はわずか3.6という結果になりました。

    保険会社の比較で月々の保険料を安く抑えることができたり、必要な保証で自分に最適なプランに加入できる可能性があります。

    保険会社の比較について難しいと感じているかたは、保険相談窓口の利用がおすすめです。

    保険相談窓口は無料で保険会社を比較、紹介してくれます。

    Q5:(Q2で「保険相談窓口を利用した」と回答した方に質問です)保険相談窓口を利用して最も感じたメリットは何ですか?

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    保険会社の比較をしてもらえた 42.4% 14
    契約までがスムーズだった 24.2% 8
    プロからのアドバイスがもらえた 18.2%% 6
    オンラインで相談できた 6.1% 2
    その他 6.1% 2
    特になし
    3.0% 1

    アンケート調査によると、保険相談窓口を利用して最も感じたメリットとして「保険会社の比較をしてもらえた」ことを上げた意見が最も多い結果となりました。

    保険相談窓口の大きなメリットが数多くの保険会社の中から、自分に合っている保険会社を紹介してくれる点です。

     保険会社とさまざまな項目から比較してくれるため、自分がどの保証が必要なのか、備えなければいけない項目を把握することができます。

    また、次に多い意見で上がった「契約までがスムーズだった」という意見のように、契約したい保険会社との契約も代行してくれるサポートも備わっています。

    保険会社と連絡を取ることに面倒を感じている方や、保険の知識がなく契約が不安という方も、保険のプロが最後までしっかりと契約を進めてくれるでしょう。

    無料で保険会社を比較、紹介してくれるので嬉しいですね。

    Q6:現在メインで加入している生命保険の月々の保険料はいくらですか?

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    1万円未満 34.8% 96
    1万円以上2万円未満 26.8% 74
    2万円以上3万円未満 19.2% 53
    3万円以上4万円未満 9.1% 25
    4万円以上5万円未満 5.4% 15
    5万円以上6万円未満 1.4% 4
    6万円以上7万円未満 0.4% 1
    7万円以上8万円未満 0.4% 1
    8万円以上9万円未満 1.1% 3
    9万円以上10万円未満 0.4% 1
    10万円以上 1.1% 3

    アンケート調査によると、現在メインで加入している生命保険の月々の保険料は「1万円未満」が最も多い結果となりました。

    現在、生命保険の月々の保険料は安くなっており、月々1,000円未満から加入できる保険もあります。

     月々の保険料が「1万円以下」と答えている割合が多いことからも、保険料が安いからといって保証内容が薄くなるということはないといえます。

    また、保険料が安くても十分な保証を受けられる商品を販売している保険会社ももちろん多いです。

    自分にとって必要な保険を取捨することで月々の保険料を抑えることもできるため、保険の見直しが月々の保険料を抑えるために必要です。

    保険の見直しを検討している方や月々の保険料を抑えたい方は、保険相談窓口で無料相談してみましょう。

    Q7:現在メインで加入している生命保険の保障内容についてどの程度理解していますか。

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    すべて理解している 14.5% 40
    ほぼ理解しているが曖昧なところもある 54.7% 151
    あまり理解できていない 26.1% 72
    わからない 4.3% 12
    その他 0.4% 1

    アンケート調査によると、現在もメインで加入している生命保険内容についてどの程度理解しているかについて「ほぼ理解しているが曖昧なところもある」という意見が最も多い結果となりました。

    次に多い意見が「あまり理解できていない」という意見でした。全体の約80%が加入している保険について十分理解していないことがわかります。

     生命保険の内容について理解していないと、万が一のときに十分な保証が受けられない場合や、必要ではない保証プランに加入していることもあります。

    現在生命保険の加入を検討している方は、保険相談窓口にて保険についてしっかり話を聞いてみることが十分な保証を受けるコツです。

    生命保険は数ある保険の中でも特に未来について深く見据えていないと正しい保険に加入することは難しい保険です。商品についてしっかりと理解した上で自分に最適なプランを見つけましょう。

    保険相談窓口は今後のライフプランの見直しもしてくれるため、一度相談するのもおすすめです。

    Q8:現在メインで加入の生命保険を選んだときに最も大変だったことは何ですか?

    アンケート調査結果
    パーセンテージ(100%) 票数(278)
    保険の種類が多くてどれを選ぶか迷う 22.8% 63
    保障の内容が理解できない 16.7% 46
    申し込みまでの手続きが面倒 15.6% 43
    料金の比較が自分ではできない 10.5% 29
    実際の月々の保険料がわかりにくい 6.9% 19
    特になし 5.1% 14
    その他 22.5% 62

    アンケート調査によると、メインの保険の加入を検討する際に大変だったこととして「保険の種類が多くてどれを選ぶか迷う」という意見が最も多い結果となりました。

    保険会社はさまざまなケースでも加入者に十分保証できるように、多くのパターンの保険を提供しています。

     最適なプランが見つかれば、十分な保証を受けることができます。

    一方で、今後の人生について漠然としており、イメージができないという方も多いでしょう。

    保険は万一に備えるためのものであり、どれが自分にとって最適なものなのかわからないという方は、保険相談窓口で保険のプロの意見を聞くこともおすすめです。

    保険相談窓口は、多くの保険プランを一つ一つ丁寧に説明してくれるため、保険内容も理解した上で加入を検討できますよ。

    アンケート調査の概要

    アンケート調査の概要
    調査目的 保険に関するアンケート
    有効サンプル数 443:Q1

    278:Q2,Q3,Q4,Q5,Q6,Q7,Q8

    調査方法 インターネットリサーチ
    調査実施会社 株式会社ジャストシステムファストアスク

    にて自主調査

    調査実施期間 2022年6月13日〜
    アンケート調査結果の詳細はこちら
    アンケート調査結果の詳細はこちら

    よくある質問

    初めての保険相談なのですが、おすすめの窓口はありますか?
    初めて利用されるのであれば、ほけんの窓口をおすすめします。保険の窓口はCM広告などによる認知度が高く、店舗数も767と非常に多いからです。取扱保険会社数も40社以上あり、適切な保険を紹介してもらえるでしょう。
    保険相談窓口では、相談後は必ず保険の契約をしないといけないのですか?
    新しい保険への加入や見直しが必要ないと判断された場合や、利用者が納得していない場合は無理に契約させられることはありません。保険相談窓口は、保険の新規加入や見直しだけでなく、貯蓄や住宅ローンなどライフプランに関することすべて相談できる場所です。
    保険会社ではなく、保険相談窓口を利用するメリットはありますか?

    保険相談窓口を利用することには、以下のようなメリットがあります。

    • 商品の概要を公正に紹介してくれる
    • ライフプラン全体の見直しをしてくれる
    • 保険を押し売りされることがない
    • 加入後の管理をお任せできる

    相談員は、ファイナンシャルプランニング技能士などの資格を持っている場合が多いです。専門性が高いだけでなく、公正な立場からライフプランの見直しを提案してくれます。

    保険相談窓口が多すぎて、選び方がわかりません。

    保険相談窓口は、以下の3つのポイントで選ぶとよいでしょう。

    • 相談場所で選ぶ
    • 相談員のスキルで選ぶ
    • 取扱保険会社数で選ぶ
    どんな時に、保険相談窓口を利用したらいいのでしょうか?
    相談したいことがあれば、すぐに利用をおすすめします。年齢が上がるにつれ、加入できる保険が限られたり保険料が高くなったりする可能性があるからです。また特に悩みがなくても、人生に大きな変化があったときは保険の見直しをしておくと良いでしょう。保険の更新時期もタイミングのひとつです。
    保険相談窓口を利用する際、準備しておくことはありますか?

    何も準備せずに相談することもできますが、可能なら以下の書類を持参しましょう。

    • 契約中の保険証券
    • 給与明細や源泉徴収
    • ローン残高がわかる書類
    • 総資産額がわかる書類
    保険相談窓口を利用する際、気を付けておくべきことはありますか?

    注意点は以下の2つです。

    • 最終的には自分で判断すること
    • 疑問点を残さず、納得してから契約すること

    あくまで相談員はアドバイスをする立場であり、人生の責任を背負ってくれるものではありません。悩みや疑問点をひとつずつ解決させ、商品の概要をよく理解し納得した上で契約しましょう。

    まとめ

    今回はおすすめの保険相談窓口を6社厳選してご紹介しました。保険相談窓口は保険の契約を検討している人だけでなく、今後のライフプランニングを見直したい人にもおすすめです。

    結婚や出産などにより、必要な保障は随時変わります。保険にかかるお金は安いものではありません。自分に合った最適の保険でないと、必要な時に十分な保障を受けられない可能性があります。

    しかし、それぞれの保険の保障内容をすべて理解し比較するのはなかなか難しいです。保険相談窓口を利用すればファイナンシャルプランナーの資格を持ったプロにそれぞれの保険の比較を手伝ってもらえます。

    必要な保険に良いタイミングで加入できるよう、保険相談窓口を利用してプロの力を借りてみてはいかがでしょうか。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事